PROFILE


川村旭芳

 ちくぜんびわそうしゃ かわむら きょくほう

筑前琵琶奏者 川村 旭芳

神戸市出身在住。
筑前琵琶日本旭会 総師範 故二代柴田旭堂師のファンだった母の勧めで
八歳の頃、師に入門。
独奏の弾き語りを活動の中心に据えつつ、他分野との共演にも力を注ぐ。
古典の琵琶曲を継承しながら、新作の創作にも取り組み、
阪神・淡路大震災の追悼曲はじめ、母 川村素子の作詞による作品も発表。
琵琶語りと朗読や合奏を組み合わせた《音楽劇》の創作・上演をライフワークとする。
1998年〜2010年まで、和楽器オーケストラ 邦楽合奏団「鼎」(KANAE)に所属。
現代曲においては薩摩琵琶も演奏し、関西の楽団の公演への助演も数多い。
箏・尺八・胡弓などの演奏家四人で結成された和楽器ユニット「おとぎ」代表。
筑前琵琶日本旭会 師範。 門人会「筑前琵琶川村旭芳会」主宰。
NHK-FM「邦楽のひととき」出演。


【ソロアルバムCD発売】
2004年7月 『川村旭芳 筑前琵琶のしらべ』
2011年4月 『川村旭芳作品集T〜母娘合作集〜』 および
『川村旭芳 筑前琵琶のしらべ〜源平一ノ谷合戦〜』 二枚同時発売
【和楽器ユニット「おとぎ」アルバムCD発売】
2007年5月 『音戯箱』/2009年3月 『音戯箱U』/2013年7月 『音戯紀行』


  • 日本琵琶楽協会/NPO法人筑前琵琶連合会 会員
  • 公益社団法人日本詩吟学院認可 兵庫中央岳風会 会員

主な自作の琵琶語り曲

初演日 曲名 作詞者
2003年1月 「阪神・淡路大震災 犠牲者追悼式典によせて」 川村 素子
2003年12月 小泉八雲『怪談』より 「雪おんな」 川村 素子
2004年4月 「弁才天に捧ぐ」 川村 素子
2004年5月 福井県小浜市に伝わる韓国船遭難救護の記録より
「サインパンゼ号漂流譚」〜海は人をつなぐ母の如し〜
川村 素子
2004年10月 「空海讃歌」〜入唐千二百年記念〜 川村 素子
2004年12月 イエス・キリスト生誕物語「貴き清らなこの夕べ」
〜能管・笙と共に〜
野中 久美子
2005年3月 源平一ノ谷合戦より 「逆落し」 川村 素子
2006年1月 『源氏物語』より 「葵と六条御息所」 川村 素子
2006年10月 宇和島・観音寺に伝わる平家の落人伝説
「堂崎観音堂悲話」〜宇和海落武者伝説〜
川村 素子
2009年7月 愛媛県内子町・清盛寺に伝わる平家の落人伝説
「八房の梅」〜登貴姫哀歌〜
長田 正雄
2013年10月 「ジョセフ・ヒコ物語」
〜激動の時代をしなやかに生きた近代日本の先覚者〜
川村 素子
2014年9月 「千歳余り二百歳」〜四国へんろ開創千二百年記念〜
(能管手付:野中 久美子)
風來 学人
2015年3月 鴨長明『方丈記』より 「元暦の大地震(おおなゐ)」 (原文抜粋)
2016年9月 「腰越状」 (原文訳抜粋)


近年のラジオ出演記録

◆NHK-FM「邦楽のひととき」
2015年2月25日(水)・26日(木) 演奏曲「那須与市」
2016年6月29日(水)・30日(木) 演奏曲「伽羅の兜」
◆その他
2016年1月4日(月) ABC朝日放送ラジオ「茂山童司の栴檀代々」ゲスト出演


 

background